雪の深さを測る・・・

SDM-321

本積雪深計「SDM-321」は、 レーザー光を使って自動的に積雪の深さを測る積雪深計です。

         

カタログ


 

SDM-321

動作原理


 

 レーザー光を積雪面に照射し、積雪面から反射して戻ってくるまでの位相差を計測し積雪深を求める方式の積雪深計です。

 

特長


 

  • 光学式乱反射光を取り込むため雪面を荒らしません。
  • 取付専用取付金具で簡単に取付可能です。
  • 耐候性筐体にABS樹脂、ステンレスを採用

 

用途


 

 

 

仕様(積雪深計 SDM-321)»データダウンロード


 

[気象測器検定取得可能品]

電源電圧・周波数AC100V(±10%以内)50,60Hz共用
周囲環境測定部温度:-30~+40℃  湿度:95%以下(ただし結露のなきこと)
データ処理装置温度:-10~+50℃  湿度:85%以下(ただし結露のなきこと)
測定部測距原理光波・位相差検出
光源レーザ-ダイオード(λ=650nm…赤色 ビーム径…約φ6~8㎜)
射出出力1mW未満(JISクラス2)
測定可能範囲積雪深=0~5m (0~10m オプション)
測定精度±1.0cm(擬似雪面使用時)
測定間隔1~120分(設定による)
データ伝送RS-422規格準拠
ケーブル条長専用ケーブル 標準20m(最大延長100m)
防水性能JIS保護等級3級準拠
データ処理装置表示LCD 20文字2行
表示内容測定日時、積雪深(*㎝)温度(*℃)
デジタル出力RS-232C規格準拠
アナログ出力0~5m/4-20mA DC(電圧出力 変更可)
消費電力待機時:約18.0W ヒーター動作時60.0W以下
製品重量測定部約4.5㎏(不含・金具)(付属・取付金具=1㎏)
データ処理装置約2.6㎏
寸法測定部W・H・D= 90・267・316 (mm)
データ処理装置W・H・D=250・280・72 (mm)

オプション品  ・人感センサ

外形図(積雪深計 SDM-321)»データダウンロード